マンスリーマンションのデメリットとメリットとは?!

マンスリーマンションは、生活必需品の家具や家電が備え付けられており、日数ベースで借りる事ができます。中長期的に滞在したい場合によく使用されますが、ホテルや賃貸物件と比較した場合、メリット・デメリットは一体何なのでしょうか?ここでは、マンスリーマンションのデメリットとメリットを見ていきたいと思います。

マンスリーマンションのメリットとは?

最小限の荷物で引っ越し可能

新生活を始める際には、ベッド、カーテン、炊飯器、冷蔵庫など、生活に必要な家具・家電は必ず購入しなければなりませんよね。こうした生活必需品を一式全て揃えるとなると、引っ越しの初期費用だけで、高額出費になってしまいます。そんな時も、マンスリーマンションであれば、生活に最低限必要の家具・家電が既に完備されているので、それは入居者にとって大きな魅力でありメリットです。
例えば、ホテル住まいになると、食事は外食になってしまいます。しかし、マンスリーマンションを借りれば、キッチンもあり自炊が可能なので、生活費節約にも繋がります。マンスリーマンションの物件によって、完備されている設備は異なりますが、基本的な洗濯機・電子レンジ・冷蔵庫・エアコン・テレビ・ベッド・カーテンなどは必ず備わっています。また、マンスリーマンションの生活では、調理セット、寝具、アイロンなど、家電のレンタルサービスもある場合があります。さらに、オプションで借りる事が可能な家電には、トースター・電気ケトル・掃除機・机セット・洗濯物干しなど様々あります。なので、どのような設備があって、何がレンタルできるかなど、事前に確認しておく事ができます。

初期費用がかからず節約できる

マンスリーマンションは、敷金・礼金・仲介手数料などが一切不要です。その為、一般賃貸マンションに住むよりも、初期費用を安く抑える事ができます。保険料や鍵交換費用なども不要な場合が多いので、滞在期間必要経費の予算も立てやすいです。物件によっては、管理費や退去費用を請求される事もあり、入居時に契約書でしっかり確認するのがお勧めです。

入居審査がそこまで厳しくない

マンスリーマンションは、顔写真付き身分証明証で身元確認が取れれば、入居審査は通ります。賃貸マンションでは保証人が必要ですが、マンスリーマンションでは申込書類をFAXやメールで送信し、家賃振込が完了すれば直ぐに入居可能です。

インターネット完備物件が多い

殆どのマンスリーマンションは、Wi-Fi完備でインターネット料金も家賃に含まれています。物件によって無線LANではなく有線接続の場合もありますが、インターネットを新たに引く必要も無く手間もありません。また、普段からデータ通信料の多い方向けには、使い放題プランのオプションがある物件もあります。

電気・ガス・水道の手続きが不要

賃貸マンションは、入居後直ぐに、電気・ガス・水道会社に電話して利用手続きを行う必要があります。しかし、マンスリーマンションでは、一切その手間は不要です。基本的にマンスリーマンションは、料金が固定となっており、電気・ガス・水道費を合わせた定額料金になっています。

セキュリティ面の充実

都会のマンスリーマンションでは、セキュリティ面に関して強化している物件が沢山登場してきています。マンスリーマンションの特徴として、短期間で入居者が変わる事から、金属タイプの鍵で無く、暗証番号による電子ロックがマンションで採用されている物件が増えています。入居者が変わる際に暗唱番号は変更されるので、前入居者や不審者が部屋に侵入する心配はありません。また、中には、エントランスも電子ロックになっており、モニター付きインターホンや監視カメラが設置されているなど、セキュリティの高い物件もあり防犯対策にも安心できます。

マンスリーマンションのデメリットとは?

一般賃貸マンションより家賃が高い

マンスリーマンションは、生活に必要な家具・家電が揃っており、買わなくても良い分、賃貸マンションに比べて2割程度賃料が高く設定されています。なので、短期滞在であればマンスリーマンションはお得ですが、半年以上住む場合には、賃貸物件の方が安くなる事もあります。マンスリーマンションは、気軽にいつでも契約する事ができるメリットがありますが、契約期間終了前に退去する場合には、違約金が発生するケースもあります。

インテリアや家電の入れ替えは不可

マンスリーマンションは、備え付け家具なので自分好みにインテリアを変更する事はできません。物件によっては、備え付け電化製品が古くなっている場合もあり、日頃から最新家電を使用している方は、使い勝手が悪く感じる事があるかも知れません。また、マンスリーマンション暮らしで自分が購入した家具・家電に関しては、退出時に持ち帰る事が必要になります。

部屋を内見する事ができない

一般賃貸マンションは、自分が借りる部屋を一度内見し、広さや設備などを確認してから契約可能です。しかし、マンスリーマンションは、部屋の内見ができない場合が多いです。それは、契約時点ではまだ人が住んでいる為、間取りや室内写真はネットなどで確認し、不明点は不動産会社に問い合わせるのがお勧めです。もちろん、空室であれば内見は可能で、また、同じタイプの部屋を内見可能なので、不動産会社に相談してみましょう。

住民票を移す事はできない

マンスリーマンションの契約書では、住民票移動不可となっています。住民票を移転する場合は、1年以上継続した生活本拠が移る場合のみと規定されています。マンスリーマンションは、住民票登録は不可になるので、役所で各種証明書発行を受ける事はできません。

その他

こマンスリーマンションでは、ペット禁止や二人以上宿泊禁止など色々な規約があったり、駐車場確保できなかったり、希望にそぐわない物件もあります。なので、物件を探す際には、ペット可・ファミリータイプ・駐車場有りなど、自分の希望条件で探した上で不動産会社へ問い合わせするのもポイントです。

マンスリーマンション賢い利用方法とは?

実はデメリットではないマンスリーマンションのポイント

賃料は高く設定されていますが、滞在期間が限られている場合は、マンスリーマンションの設備や備品が完備されている事は、大きな費用削減に繋がります。また、水道・電気・ガスの契約や解約、インターネット設置、引っ越し費用など、色々と手間や費用を考慮すると、身軽に入居して退去できるのがマンスリーマンションの良さです。

マンスリーマンションの上手な利用例

マンスリーマンションは一般に、3ヶ月以内の短期生活の場合であれば、一般賃貸マンションやビジネスホテルを利用するより経済的です。例えば、会社の出張や研修などの短期の滞在、短期の単身赴任、短期滞在、就職活動、大学受験、仮住まい、海外からの一時帰国、短期的な宿泊先など、マンスリーマンションは多様に便利な活用ができます。また、賃貸マンションでは、1~2ヶ月前までに解約申し込みが必要であったり、契約更新手数料がかかったりしますが、マンスリーマンションではそれらは不要です。また、ホテル住まいのように外食費もかからないので、自炊で健康的な食生活も実現できます。

まとめ

今回は、マンスリーマンションのメリット・デメリット、どんな人にお勧めなのか、色々とお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。マンスリーマンションには、デメリットもありますが、一定条件さえ満たしていれば、かなりお得に利用できる物件です。是非、マンスリーマンションの検討している方は、上手く有効活用してみて下さいね。